医療診断におけるタキキニンの前駆体および/またはその断片の使用

Abstract

本発明は、ヒトまたは動物の体液、組成気および/または生体材料における診断コンポーネントに関する。より具体的には、アルツハイマー病、パーキンソン病、うつ病および/または痛みの状態を含む中枢神経系の病気/疾患、神経疾患、内分泌疾患、大脳疾患、筋肉疾患、局所性疾患、全身性疾患、慢性疾患、炎症性疾患、細菌感染症およびウイルス感染症を含む感染疾患、髄膜炎、敗血症、クローン病、潰瘍性大腸炎、鎌状赤血球貧血、虚血、筋萎縮性側索硬化症、リウマチ性関節炎を含む関節炎、気管支炎、痛覚過敏症、喘息、細菌中毒を含む中毒、免疫疾患、頭蓋大脳外傷を含む多発性/外傷、腫瘍/癌、脳梗塞、ストレス、アトピー性皮膚炎、HIV、ハンチントン病、熱傷、繊維筋痛症、統合失調症、ヒルシュスプルング病、アレルギー、家族性自律神経失調症(ライリーデイ症候群)、造血障害、膠芽細胞腫および星細胞腫を含むグリオーマ、血液脳関門疾患についての、医療診断のための、および予後および経過制御の診断的検出のためのマーカーペプチドとしての、体液、組織または他の生体材料から単離したプロタキキニンおよびその断片の使用に関する。本発明は、更には、特定のタンパク質およびその断片、より具体的にはプロタキキニンおよびその断片に結合する抗体を提供する。本発明に従って、前記診断に有用なキットも提供される。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (6)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-H05163159-AJune 29, 1993Nippon Zenyaku Kogyo Kk, 日本全薬工業株式会社抗体を利用した新しいタイプの鎮痛薬
      JP-H0923880-AJanuary 28, 1997Usa Government, アメリカ合衆国Infectious japanese encephalitis virus cdna clone producing highly attenuated recombinational japanese encephalitis virus and its vaccine
      WO-0134637-A1May 17, 2001Suntory LimitedNovel physiologically active peptides and process for producing the same
      WO-02103016-A2December 27, 2002Geneprot, Inc.Variants d'epissage associes a la tachykinine humaine et compositions les comprenant
      WO-8707643-A1December 17, 1987Research Corporation LimitedHuman tachykinins and their precursors
      WO-9304194-A1March 04, 1993Regents Of The University Of Minnesota, President And Fellows Of Harvard CollegeLABELLED β-AMYLOID PEPTIDE AND ALZHEIMER'S DISEASE DETECTION

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2016505137-AFebruary 18, 2016シュピーンゴテック ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング, シュピーンゴテック ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング対象における癌となる危険性を予測し又は癌と診断する方法
      JP-2016532093-AOctober 13, 2016シュピーンゴテック ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング, シュピーンゴテック ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング主要な心臓有害事象に罹患する危険性を予測する方法